ホーム>大腸がん問診チェック

あなたは大丈夫?

大腸がん問診チェック

大腸がんは、大腸の壁の一番内側にある粘膜から発生し、大腸で増殖して大きくなります。その後、全身に転移していきます。早期の段階ではほとんど症状はありませんが、進行するにつれて体調の変化が現れます。(腫瘍ができた部位や大きさにより症状は異なります。)

CHECK 1!

他のがんと同様に、環境要因(生活習慣)との関連性が指摘されています。国立がん研究センターの調査では、食生活の面では、赤肉=牛・豚などをたくさん食べることでリスクが高まるという結果が出ています。飲酒は、1日23g以上(ビール 大瓶1本:633ml、日本酒 1合:180ml、焼酎 25度120ml、ワイン グラス2杯:200ml、ウイスキー ダブル1杯:60ml)でリスクが高まるとされています。その他、肥満、喫煙も危険要因と考えられています。大腸がんだけでなく生活習慣病予防のために、バランスのよい食事と適度な運動を心がけるとともに、飲み過ぎには注意し、禁煙にも努めるとよいでしょう。

CHECK 2!

便潜血検査では、検査当日に病変部位から出血がなかった場合は陽性反応がでないというリスクがあります。また大腸がんは、遺伝的要素も大きいといわれています。
罹患数の増える40歳以降は、男女共に一年に一度は大腸がん検診を受診することが望ましいとされています。

CHECK 3!

ToTop