ホーム>大腸カプセル内視鏡のご紹介

新しい検査方法

大腸カプセル内視鏡のご紹介

illustration_capsule-endoscopy_01

新たな大腸疾患の検査・診断機器として「大腸カプセル内視鏡」が2014年1月から保険適用になりました。一般的な薬のカプセルの形状をしたカプセル内視鏡は、水と一緒に飲み込まれたあと、腸管内部を進みながら内蔵の小型カメラで写真を撮影していきます。大腸内で撮影した画像は、患者様の体に貼り付けたセンサを経由して肩にかけた記録装置に転送され、検査後、専門医が専用コンピューターで解析。ポリープの有無の確認などの大腸疾患の診断に使われます。麻酔も必要なく、放射線被ばくの心配もありません。

illustration_capsule-endoscopy_02

illustration_capsule-endoscopy_03

大腸カプセル内視鏡について

大腸カプセル内視鏡の特長

  • カプセル内視鏡の消化管通過による痛みがありません。
  • 鎮静剤が不要です。
  • 放射線被ばくの心配がありません。
  • 大腸内視鏡検査が施行困難で、過去に全大腸の検査が受けられなかった方などが保険適用となります。
  • 大腸内視鏡を肛門から挿入しなくてもよいため、「恥ずかしい」「怖い」などの精神的負担がありません。

illustration_capsule-endoscopy_04

大腸カプセル内視鏡の注意事項

  • 大腸内視鏡検査と同様に、事前に下剤を飲んで大腸をきれいにする必要があります。さらに、大腸カプセル内視鏡を飲んだ後にも、カプセル内視鏡の排出を促すために、追加の下剤を飲む必要があります。
  • 検査時間には個人差があり、3時間から10時間(平均5~6時間)を要し、検査中は病院内で過ごしていただく必要があります。
  • ポリープの有無は調べられますが、切除はできません。また生検もできません。
  • 腸に狭窄(きょうさく)がある場合には、検査を受けることができません。
  • 誰もが大腸カプセル内視鏡を保険適用で受けられるわけではありません。
大腸内視鏡検査が施行困難で、過去に全大腸の検査が受けられなかった方などが保険適用となります。
※保険適用の詳細については、検査施設にお問い合わせください。

カプセル内視鏡をもっと詳しく知る

大腸の主な検査方法と特徴のまとめ

大腸の検査については、大腸カプセル内視鏡による検査以外にもさまざまな検査方法があります。大腸がん検診で一般的に行われているのが便潜血検査です。便潜血検査で陽性になった場合に、精密検査が受けることが必要となります。大腸内視鏡検査や大腸CT検査など、現在国内で実施されている大腸の検査方法を以下にまとめています。医師に相談の上、最適なものを選ぶようにしましょう。

便潜血検査

がん、ポリープ、潰瘍、炎症性腸炎、痔などの病変があると、便に血が混じっている場合があります。便の中に混じっている血液を試薬で調査するのが便潜血検査です。

メリット デメリット
  • 便の採取だけで済むため簡単
  • 身体に負担がかからない
  • 比較的安価で受けることができる
  • 大腸がんにかかっていても陽性にならない場合がある

大腸内視鏡検査

肛門から内視鏡ファイバーを挿入し、大腸を内部から観察する検査です。

メリット デメリット
  • 大腸粘膜を直接観察できる
  • 異常部位を詳細に観察できる
  • ポリープなどの病変切除や組織採取もできる
  • 肛門からの挿入に精神的負担を感じることがある
  • 医師の技術や大腸の形状(長さや曲がり具合など)で挿入時の痛みの度合いや検査精度が左右される場合がある

大腸CT検査

肛門からガスを注入し、大腸を膨らませてCT撮影する検査です。

メリット デメリット
  • 痛みがほぼない
  • 様々な角度から観察できる
  • 検査時間が数十分程度(個人差がある)
  • ポリープなどの病変切除や組織採取ができない
  • 検査時に被ばくを伴う
  • 平坦な病変を検出しにくい

大腸X線バリウム検査

肛門から造影剤を注入し、空気を注入して大腸を膨らませてレントゲンで撮影する検査です。

メリット デメリット
  • 痛みがほぼない
  • 病変部位の特定に有用
  • 手術歴などによる癒着によって大腸内視鏡ができない場合に有用
  • ポリープなどの病変切除や組織採取ができない
  • 検査時に被ばくを伴う
  • 平坦な病変を検出しにくい

大腸カプセル内視鏡検査

カプセル型の内視鏡を口から飲み込んで行う検査です。

メリット デメリット
  • 「こわい」「恥ずかしい」などの精神的負担がない
  • 放射線被ばくのリスクがない
  • 大腸内視鏡検査が施行困難で、過去に全大腸の検査が受けられなかった方なども検査が行える(この場合は保険適用)
  • ポリープなどの病変切除や組織採取ができない
  • 前処置の後も検査中も下剤を飲む必要がある
  • 検査時間が長い(3-10 時間で個人差があるが平均5-6 時間)
ToTop